悪玉コレステロールの原因

悪玉コレステロールの原因と対策

コレステロールには善玉悪玉に分かれており、善玉というのは余計なコレステロールを吸収するタンパク質と結びついた状態のことを指し、悪玉というのは全身の細胞へと流れてゆくタンパク質に結びついた状態のことを指します。

 

悪玉コレステロールが増えてきますと血管壁に蓄積し血管の内側に入り込み、血管の内側で分解することなくコブとなって溜まってゆき、最後には血管の流れが悪くなり動脈硬化へとなってきます。

 

どちらもコレステロールなので悪玉でも体内の役割分担があり、まったくないのも問題がありますが、だからといって増えすぎても悪影響が出てきてしまいます。

 

悪玉コレステロールの主な原因は、食事によるコレステロールの過剰摂取ですね。もし血液検査などでコレステロールの数値が高い場合には、コレステロールの多い動物性油脂が含まれている、牛乳や卵、バター、ロース肉などを控えたほうがいいですね

 

また生活習慣ではストレスが多いと、悪玉コレステロールの数が多くなるといわれています。医師から指摘された時には、動物性油脂から植物性油脂のものに切り替えたり、摂取を控えたりして、ストレスを溜めても自分の力で解消できるような生活にしてみますと、コレステロールの数値が変ってゆきます

 

また悪玉を減らすだけではなく善玉コレステロールを増やすことも重要で、善玉を増やしやすいとされている有酸素運動も取り入れますと体質に変化してきますよ。

悪玉コレステロールの原因関連ページ

中性脂肪が増加する原因
中性脂肪が増加する原因についてです。
中性脂肪を減らす方法
中性脂肪を減らす方法についてです。
糖尿病を予防するには?
糖尿病を予防する方法についてです。