酵素が健康に良いといわれるわけ

酵素が健康に良いといわれるわけ

健康

酵素が健康に良いとよく言われていますよね。
でも、どうして酵素が健康に良いのか、実際のところよく分かっていない人も多いかと思います。

 

酵素には強い抗酸化作用があると言われています。この抗酸化作用というのは、活性酸素の働きを抑制し、酸化を防ぐという作用です。細胞が酸化してしまうと細胞が老化して行ってしまいます。老化してしまった細胞は本来細胞が持つ役割を担うことが出来なくなります。

 

この酸化現象はさまざまな細胞で起こります。肌の細胞が老化してしまえば、肌荒れなども起こりやすくなりますし、正常なターンオーバーが出来ず顔色が悪くなったり肌トラブルも増えます。いわゆる「老け顔」になります。

 

血管の細胞が老化すれば血管が硬くなり、動脈硬化などの病気の原因にもなります。その他にも、疲労物質を排出するための働きをする細胞が老化すれば疲れが取れにくくなりますよね

 

酵素を取り入れることで、これらの酸化現象を抑制することができます
このような抗酸化作用の他にも、酵素には身体の老廃物を排出する働きを活性化させる作用があるといわれています。
いわゆるデトックス作用ですね。

 

抗酸化作用にデトックス作用、これらは健康や美容に大きく関係することですから、これらの働きを助ける酵素を日常の生活に積極的に取り入れることは健康維持、増進にとって大きな意味があることといえるでしょう。


酵素が健康に良いといわれるわけ関連ページ

酵素と腸内細菌の関係
酵素が腸の働にどのような役割を果たすかについての解説です。
酵素とダイエットの関係
酵素とダイエットの関係についてです。
酵素と肌荒れの関係
酵素と肌荒れの関係についてです。
酵素と免疫力の関係
酵素と免疫力の関係についてです。
酵素をつかって便秘解消
酵素が便秘に良いことご存知ですか?