酵素と腸内細菌の関係

酵素と腸内細菌の関係

納豆

腸内細菌を整えることが健康に繋がると言われています。

それには味噌や麹、納豆など昔ながらの日本の食事が最適ですが、現代は食の欧米化が進み昔にくらべ発酵食品の摂取がお幅に不足しています。
これにより腸内細菌のバランスが悪くなり、免疫力が低下してアレルギーなどさまざまな病気を引き起こしていると考えられます

 

味噌汁

酵素と腸内細菌の関係はとても密接だということです。酵素には腸内環境を整える働きがあります。善玉菌を増やし悪玉菌を減らしますデトックス効果も高いので便秘改善にも役立つと考えられます。腸内細菌の種類も数も個人により違いますが、大切なのはバランスで、バランスを整えることが免疫力をアップさせると多くの研究からわかっています。

 

酵素を豊富に含んだ昔の日本の食事を摂取して、腸内環境を整えて腸内細菌のバランスを上手に保つことで、外から補給した栄養素を体の中で効果的に働かせることができます。

 

現代人が生活習慣病を抱えている人が多いのは、肉食中心とした食事の欧米化による影響が大きいと考えられます。食生活を改善して、生活習慣を整えることで腸内細菌のバランスも良くなります。積極的に酵素を食事に取り入れていきましょう。

酵素と腸内細菌の関係関連ページ

酵素が健康に良いといわれるわけ
酵素が健康にとってどのような役割を果たすのかについてです。
酵素とダイエットの関係
酵素とダイエットの関係についてです。
酵素と肌荒れの関係
酵素と肌荒れの関係についてです。
酵素と免疫力の関係
酵素と免疫力の関係についてです。
酵素をつかって便秘解消
酵素が便秘に良いことご存知ですか?